トップへ戻る

  • 学園もの
  • 凌辱
  • ロリ
商品コード: HBXP-024

巨乳J○バレーボール部員を神聖なコートでビッチ化してやるぜ フハハ ~ [HB EDITION]


販売価格(税込):1,598 円

関連カテゴリ:
デジタルコミック
デジタルコミック > 男性向け
デジタルコミック > 男性向け > R18
2015年発売 > 2015/08/28発売

商品タイトル: 巨乳J○バレーボール部員を神聖なコートでビッチ化してやるぜ フハハ / 発育の良い巨乳J○姉妹をビッチ化してやるぜ フハハ [HB EDITION]

鳥居姫の人気WEBコミックがお得になって登場!テーマは『巨乳ビッチJK』!

■『巨乳J○バレーボール部員を神聖なコートでビッチ化してやるぜ フハハ』
マゾ気質なキャプテンと変態後輩バレー部員をビッチ化させろ!

■『発育の良い巨乳J○姉妹をビッチ化してやるぜ フハハ』
地味でメガネな妹と、性欲は強いが、積極的になれない姉をビッチ化させろ!

【2015年08月28日発売】

・商品は以下サイトまたは、取り扱い店舗よりご購入いただけます

商品パッケージ

2015年08月28日(金) 発売予定

巨乳J○バレーボール部員を神聖なコートでビッチ化してやるぜ フハハ

田所40歳
工場努めをしている中ひょんな機会に恵まれる。
とある学園の労務主事の依頼が来た。
以前より転職を希望していた田所は、
今の状況が飽き飽きしていたことも有り、すぐにこの依頼を受けることになった。
ただ、田所はこの仕事には、仕事以外での企みがあった。
つまらない毎日を過ごしていた田所には、絶好の機会が訪れた。
以前、二人の女を手玉に取り、退屈から逃れられたとおもったが、
毎日同じ女を相手にしていくとつまらないもので、
ビッチ化してしまった二人を捨てて次の相手を探していたのだ。
そこへ、この仕事が舞い降りる。

そして、数ヶ月この学園に潜り込み、女の子を探しまわる。
学園では、気のいいおじさんを演じ続けているが、仕事も中々に疲れる。
そんな時、体育館で鉄柵の補修を頼まれ、向かうと、
ちょうど部活でバレーボールをしている娘を目にした。
背の高い女達が、汗水を垂らし練習をしている姿を見て、
田所は興奮を覚える。
ここの学園は、女子バレーボールが盛んで全国大会にも
毎年出ているという話を聞いた。
こういう背の高い娘たちを犯すのも面白い。
それに、部活をしている女達は、それに夢中で恋愛もしたことがない、
おぼこばかりだろうと考える田所。
田所は、女子部員にあたりを付けて、話しかけてみる事にした……。

発育の良い巨乳J○姉妹をビッチ化してやるぜ フハハ

田所、年齢40歳
工場で働き、毎日同じ事の繰り返しな生活をしていて、
何も無い日々に嫌気が差してきた。

ある時、自分の住んでいるアパートの隣の家に
新しく家族が引っ越してきた。
そこには、二人の女子校生姉妹を持つ家族でだった。
朝の出勤時、同じく家から学校へ通う二人の姉妹に
愛想良く挨拶していくうちに、妙に気になりだす。

一人は、明るく愛想のよい姉の高槻紗彩。
もう一人は、メガネで無愛想な感じのする妹の高槻麻美である。
二人とも、○さい体にもかかわらず、巨乳でいい体をしていた。

40歳で独身男からは、とてもムラムラと来る娘達だ。
ソープ通いも飽きたし、このくだらない毎日を変えるには
一線を越える必要がある、と考える田所だった。

まずは、紗彩からだ。
あいつは、麻美より帰りが遅く、なにやら部活をやっているらしい。
帰りの時間帯には、夜も暗いそこを狙うとするか。

麻美にいたっては、帰って早々家へ閉じこもり気味で、
一度家に出た時に、後を追ってみたが、本屋に立ち寄るだけで、
他には何も無ない。
しかし都合のいい事に、家族の帰りは遅い、
真昼間に家に忍び込み、やつの部屋を物色し
襲ってしまおう。
世間知らずな所を生かして、脅かして、
他人には言えないように縛りつけてやる。

そして、二人とも俺の肉棒が忘れられないようにしてやる。
そう田所は考えるのであった…。

サンプルムービー

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 "コメントを書き込む